【のんびりしてて大丈夫?】不登校なら知っておきたい通信制高校

不登校支援

こんにちは ツナカンです。

 

教育支援センター(適応指導教室)のカウンセラーとして

 

お子さんや,保護者,先生方を応援しています。

 

 

今回は

不登校だし高校は無理かもしれない

子どもが不登校になって高校が心配

 

そんな方に向けてお伝えします。

 

不登校なら,はやめに通信制高校の情報をしっておくべき

 

 

 

Sponsored links

【のんびりしてて大丈夫?】不登校なら知っておきたい通信制高校

お子さんが不登校になったら色々な悩みが生まれます。

 

その中でも,将来の心配…

 

具体的には高校進学は大きな悩みになるはずです。

 

 

 

私のblogでは適応指導教室について書いていますが

 

適応指導教室で高校の進路指導をするには

 

正直なところ限界があります。

 

だから,進路指導は学校で受けることをススメています。

 

 

しかし

 

せっかく生活を立てなおしたのに

 

勉強がついていけない。

 

今からでもとりかえせるのか…

 

学校に行かなきゃ進路指導はうけられないし…

 

行かなきゃいけないのはわかるけど勇気が出ない・・・。

 

 

 

実際,適応指導教室に通えるようになっても

 

学校との間には大きなカベがあります。

 

 

 

手遅れになる前に知っておきたいこと

 

学校にいけなくても,高校の情報をえるのはカンタンです。

 

学校のパンフレットを取りよせてみること

 

です。

 

Amazonで「不登校」と検索すると…

 

  • 子どもが不登校になったらどうするか
  • 不登校をどう考えるか
  • 学校に行かなくていい

 

そんなメッセージの本ばかりです。

 

 

読むことで,子どもへの対応が変わるとか

 

親としての気もちが軽くなるとか

 

そんなメリットはあるかもしれません。

 

 

 

しかし,現実的に高校(あるいは大学)まで

 

行こうとしたときの情報として十分なのでしょうか。

 

 

正直なところ

 

「現実的な解決にはならないんじゃないか…」

 

 

適応指導教室で子どもたちとかかわり

 

保護者のカウンセリングをするうえで

 

ノウハウも大切ですが

 

見とおしをもてることも大切

 

そう考えています。

 

 

 

 

学校の先生はめちゃくちゃ忙しい

学校の先生の多くは熱意をもって

 

お子さんとかかわっています。

 

 

もちろん,不登校のお子さんの担任になったとしても

 

何とか時間を作ってかかわろうとします。

 

 

しかし,日本の学校の先生は先進国の中でも

 

もっとも忙しいと言われるほどです。


文部科学省(2018)我が国の教員の現状と課題 -TALIS2018結果より-

 

だから,かかわりたくてもかかわれない。

 

 

せめて学校に来てくれれば情報提供できるのに…

 

そんなことを耳にすることもあります。

 

 

しかし,子どもが学校に行けるように待っていても

 

それがいつなのかわかりません。

 

 

そんな中で

今はまだ気持ちが向かないみたいだし

 

最後の一年になってからでいいか…

 

そんな心がまえだと

 

どんどん情報弱者になっていきます。

 

 

不登校であるということは

 

情報弱者でもあるということなのです。

 

 

ですから,早くより多くの情報を集めておき

 

子どもと話せるタイミングが来たときには

 

すぐに情報を取りだせるようにしておけば良いのです。

 

多くの適応指導教室には

 

普通高校の他に通信制高校の資料が

 

いつもおいてあります。

 

わたしが勤める適応指導教室でも

 

学年を問わず,高校のことをきりだしたら

 

すぐに資料を出して話しあいます。

 

だからタイミングを逃さないのです。

 

先日も,適応指導教室に

 

  • 不登校から普通高校に進学した子の体験談
  • 通信制高校の先生から学校の紹介
  • 自己申告書について

 

を解説するイベントをもったりしました。

 

 

紹介したいもの

 

しかし,ざんねんなことに

 

こうしたイベントが持てないとか

 

資料をGETできないこともあります。

 

そんな方にはこれからご紹介するものが

 

おススメです。

 

 

株式会社イーパス 人気の通信制高校が満載!【通信制高校特集】
→ なるには進学サイト

 

 

特徴は以下のとおりです。

                                                     特徴

  • 通信制高校の学校パンフレットが「タダ」で「カンタン資料請求」
  • 進路相談LINEで進学の悩みや疑問,学校のえらび方などをロボット(bot)とオペレーター(人)の二通りで対応

 

それぞれの特徴についてもう少し解説します。

 

 

 

特徴①通信制高校の学校パンフレットが「タダ」で「カンタン資料請求」

 

通信制高校は不登校を経験した

 

中学生・高校生の強い味方です。

 

自分の学習ペースに合わせることもできて

 

適応指導教室から通信制高校を選ぶ子もいます。

 

 

 

高校生で不登校になった場合でも

 

高校生のうちから専門的な職業を学ぶために

 

転入するお子さんもいます。

 

 

 

特徴②LINEでも進路相談を受けつけている

 

資料請求した方にむけて「進路相談LINE」のURLが送られます。

 

利用数は2500名を突破し,今も増えつづけています。

 

人と直接会うのが苦手というお子さんや

 

怪しいんじゃないの!?

 

と,うたがいがちな保護者の方にもうってつけです。

 

もちろん,オペレーターによる対応もしています。

 

 

どんな人向けか

    • なんとなくやりたいことは決まっているけれど、学校が分からない
    • 進路に悩んでいる。やりたいことがみつからない
    • そして,なんと「社会人(大学生)だけど、もう一度勉強し直したい」

 

こんな幅広いニーズにも答えてくれます。

 

まずはサイトで資料請求してみて

 

そして、LINEで進路相談してみて下さい。

 

 

 

価格は無料

 

利用は無料です!

 

お子さんがやっと通信制高校に興味を持ち始めてから

 

慌てて情報を仕入れている間に

 

モチベーションが下がってしまうかもしれません。

 

 

ですから,先に情報を入れておけば

 

こんなことになるのを避けることができます。

 

必要なときに必要な情報がおうちで出せる,

 

これはかなりの強みになるはずです。

 

先日のわたしの職場でひらかれた説明会でも

 

受験生ではない学年の生徒や,親ごさんから

 

「通信制高校の話を,はやめに聞けてよかった!」

 

と良い感想をもらうことができました。

 

自分が安心して進めそうな選択肢が見つかったからなのです。

 

 

 

注意点

 

お子さんの年齢で申し込みを行ってください。

 

基本的な対象は15~19歳以外の方となります。

 

 

 

資料のとりよせに抵抗があるときは

 

ここまで読んで

 

資料のとりよせはちょっと抵抗がある…

 

と言う方は,良ければこちらの記事を参考にしてみて下さい。

 

 

 

それに,通信制高校って大学とか行けなさそう…

 

そんなイメージをもっている方もいるかもしれません。

 

しかし,最近の通信制高校は

 

むかしとはまったくちがいます。

 

そんな心配をお持ちの方は

 

よければこちらの記事も目をとおしてみてください。

 

 

 

まとめ

 

今回は,

 

通信制高校の情報を集めるためのサイト

 

を一つご紹介しました。

 

不登校は学習や社会性の遅れの心配ばかりでなく

 

情報の遅れも生じます。

 

早めに手をうって

 

お子さんのモチベーションの変化に

 

対応できるようにしておきたいものですね。

 

なるには進学サイト

 

 

サイトに関するご質問などは以下のリンクからどうぞ

お問い合わせ

Comments

タイトルとURLをコピーしました