【不登校支援】不登校を「甘え」と見ても良いことがない

不登校支援

こんにちは ツナカン です。

公認心理師として

不登校のお子さんや
子育てに悩む親御さん
学校の先生方

の応援をしています。

 

不登校というとしばしば周りの人たちが「甘え」と評価します。

今回は

不登校を「甘え」とみなすと良いことがない

ということについて

私がこれまで関わってきた経験をふまえてお伝えしたいと思います。

 

この記事はこんな方にオススメです

 

子どもが不登校になってしまった

身の回りに不登校の子がいる

クラスメートに不登校の子がいる

Sponsored links

不登校を「甘え」と見ても良いことがない

不登校を「甘え」と解釈すると以下のようなことが起きます

①怒りがわく
②不登校の子が生きづらくなる
③不登校の子と関係が作りにくくなる

です。

その理由について以下に説明していきます。

怒りがわく

子どもが不登校になると親や大人としては将来が心配になります。

クラスメートからすれば

「自分たちはこんなに頑張ってるのに逃げてる」

という感情が陰日向に見え隠れします。

周囲がそんな気持ちになるのは自然なことだと思います。

それから一生懸命はげましたり,むりやり学校に行き来させたりします。

 

一方で不登校の当事者からすれば

そうした対応がフィットしていないから余計に引きこもる。

 

すると周囲は

「こんなにやってやってるのに!」

という気持ちがかきたてられて怒りになっていきます。

 

それでも当事者からすれば

相変わらず応援された気になっていないので

さらに引きこもることになります。

 

 

不登校の子が生きづらくなる

「不登校」という単語で明るいイメージを抱く人はまずいないでしょう。

一度,不登校になると周囲からのレッテルは良くも悪くもつきまといます。

 

学校に再び登校できるようになったとしても
不登校だった子

 

ということになるし

 

行けるようにならなければ
深刻な不登校の子

 

といった具合です。

 

それだけ,今でも日本における学校の存在は大きいものです。
実際,行政でもしばらくは予後を追跡しています。

 

不登校になった子どもたちも,このような視線は感じています。

強がったり,気にしないようにしたりしていたとしても

一度でもこうした視線を意識すれば,そこから逃れることはできません。

 

ふとしたときに

自分が不登校として周囲からどのように見られているのか

頭をよぎるのです。

 

これは学校がある時だけの問題ではないので

終始「不登校」というレッテルと向きあわねばならなくなります。

 

ですから一見平気そうに見えても

いつ苦しみがやってくるかわからない

或いは,その苦しみに襲われているから何かに依存していることもあるのです

 

 

不登校の子と関係が作りにくくなる

不登校になる理由はさまざまです。

どうして不登校になったのかをたずねても

「わからない」
「わすれた」
「なんとなく」
「つまらないから」

と答えられることもしばしばです。

 

こうした言い分を聞くと「甘え」といいたくなると思います。

 

しかし,よく話を聞いていくと

きっかけが複雑すぎて説明できなくなっていたり

本当は理由について説明したくなかったり

本当に忘れてしまっていたりするのです

ですから

不登校のお子さんと関係を作るためには

原因探しは二の次で良いのです。

 

それよりも

不登校のお子さんと良い関係・良い時間を作る方が

解決の糸口は見つけやすいと思います。

 

 

 

甘えとは

不登校の子どもたちに向けられる「甘え」とは

言いかえると

「わがまま」
「逃げ」

なのではないかと思います。

 

これはつまり学校という集団の規範に対する不服従に対する批判だと思います。

 

日本における精神分析(心理学の主流派の1つ)の大家である土井健郎氏は甘えを

 

「人間本来の分離の事実を否定し,分離の痛みを止揚すること」

 

と定義し,日本人独自の感覚であることを指摘しています。

 

不登校のお子さんたちの声や,状況を察するに

 

「学校に適応したいけどできなかった」

 

と思われることの方が多く

むしろ甘えたい相手は学校にあって

それがかなわなかったように思われます。

 

 

 

不登校は誰でもなりうる

2018年に日本財団が中学生6500人を対象に実施した調査によると
不登校傾向にある子どもは文部科学省が調査した数の3倍に上ると推計しました。

出典元:日本財団「不登校傾向にある子どもの実体調査」(2018)

 

調査の内容を見ると1位は「疲れる」で,具体的な理由が説明されていません。

こうしたことから,

ある日突然「疲れる」といって学校を休み始める子がいても不思議ではないのです。

 

 

 

何が大切か

ここまでで原因を追及しても
答えは得られないということはご理解いただけたのではないでしょうか。

ですから私は原因はあまり重要視していません。
自分が関わるお子さんたちとは

まず気持ちを受け止め

次に,今ここからどうしていくか

を優先的に考えるようにしています。

 

 

 

まとめ

今回は不登校を「甘え」を見ることのデメリットについて説明しました。

もし身近に不登校のお子さんがいたら「甘えてる」と決めつけて

原因探しをする前に

この子 ”と“ どんな時間を過ごすかに目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

 

参考・引用文献
・土井健郎(1998)注釈「甘え」の構造.弘文堂
・日本財団(2018)「不登校傾向にある子どもの実態調査」日本財団

 

ご意見やご質問はここからどうぞ。
お返事には時間がかかる場合がありますが,遠慮なくどうぞ。

お問い合わせ 

Comments

タイトルとURLをコピーしました